インプラント治療が綺麗な笑顔を作る|輝く歯でスマイルンルン

dentist

移植の方法

顎の骨の厚さや深さが少ない場合におこなわれます

白い歯

インプラント治療は、顎の骨に穴を開けて器具を入れ、その器具に義歯を取り付けるという治療です。しかし顎の骨に十分な厚さや深さがない場合には、穴を開けることができなかったり、器具をうまく定着させることができなかったりします。 そのような場合には、インプラント治療の前にまずは骨移植の手術を受ける必要があります。自身の下顎などから骨を採取して、移植するのです。骨移植といっても、採取した骨を塊の状態で移植するのではなく、粉末状にして骨補填材を加えた上で、移植します。粉末状なので、なだらかな形になるようまんべんなく移植することができますし、移植後にはスムーズに同化していきます。 骨移植により顎の骨が厚くなれば、インプラント治療は可能になります。

人工骨を移植することも可能です

骨移植には、骨の採取のための手術と、移植のための手術とが必要です。そして4ヶ月ほど経過すると、移植した骨が同化するので、その後に今度はインプラント治療を受けることになります。手術を3度も受けることになるので、通常のインプラント治療と比べると、体への負担はやや多いと言えます。 そのため昨今では、人工骨の移植もおこなわれるようになってきています。人工骨は自分の骨ではないため、同化するまでの期間が多少多めにかかります。具体的には、6ヶ月ほどかかることになります。しかしそれでも自身の骨を採取する手術を受けなくて済む分、体にかかる負担は少ないです。さらに、移植の成功率が高いことからも、人工骨の移植を希望する人は多くいます。

This template downloaded form free website templates